名鉄観光 東京.com
サイト内検索
トップ コラボレーション ビジネスクラス 地球感動体験 ハワイに行く 学生旅行

2008年5月、当社銀座支店スタッフがキャセイパシフィック航空主催のマカオの研修に行ってきました。
マカオへのアプローチはいろいろありますが、今回は香港までキャセイ航空を利用しフェリーに乗り換えてマカオにいたるコースで入国しています。
皆様の旅の参考になれば幸いです。
香港空港〜マカオへ
搭乗口によってはなが〜いエスカレーターを利用
歩くのは・・・という方はシャトルも走っています。
香港空港からターボジェットという高速船に乗り継ぎFerry transfer deskへ進みます
ここで高速船のチェックイン
マカオのほか深センや珠海など多くの都市に乗り入れをしていますので間違わないように注意。
マカオまで約50分。揺れも少なく快適です。
入国審査はマカオのターミナルで行います。
ザ・ベネチアンホテル
2007年にオープンした客室数3000室を誇る、
アジア最大級規模の5つ星ホテルです。
なんと全室スィートルーム。
このベット枕が9個ありました。
お部屋も広々
窓の外はまだまだホテルの建設ラッシュ
秋には一変するようです。
ホテル内も豪華です
ドアを開けると広々としたアリーナが・・・!
シルク・ド・ソレイユ専用のシアターもあります。
ホテル敷地内には運河が3つもあり、
ゴンドラに乗ることも可能です(有料)
ホテル敷地内には運河が3つもあり、サンマルコ広場もございます。まるで映画のセットのようです。
ホテル内には350店舗以上のショップやフードコートがあり、まさしく一つの町のようです。
マンチェスターユナイテッドのショップもありました。
 
一変する風景(昼と夜)
夜のベネチアン。ライトアップが綺麗です。
リスボアグランド。蓮をイメージして作られているこのホテルはひときわ目立ちます。 まだカジノしかオープンしていません。
2006年秋にオープンしたウィンホテル
夜には一変。
ホテル前の水辺では光と音楽に合わせた
噴水のショーが行われています(無料)
 
リスボアグランドの下層階部分。
建物そのものがネオン輝く掲示板となっています
各ホテルのネオンを見ているだけでも楽しめます。
マカオ観光(世界遺産)
聖ポール天主堂跡(世界遺産)
幾度かの火災により壁面だけとなりましたが聖母マリア、聖フランシスコザビエルなどが象られておりマカオ観光では必ず訪れる名所です
聖ポール天主堂から街中を望む
マカオ博物館
聖ポール天主堂跡のすぐそばにあります。
マカオの歴史、伝統、文化を伝える目的で1999年に建てられました
媽閣廟(マァコウミュウー世界遺産)
マカオ最古の寺院。マァコウミュウと中国語で呼ばれていたことからマカオという地名の発祥地であるとされています
聖ドミニコ教会(世界遺産)
バロック様式の壁面がとても綺麗です。マカオには白とクリームを基調とした教会が数多くあります。
マカオタワーより真下を望む
全長338メートルのマカオタワーですが233メートルの展望台からバンジージャンプが楽しめます。
お〜こわ!
街中と食べ物
ところ狭しとお店が並んでいます。
とうもろこし、だんご、果物、ジュースなど
マカオの人たちの生活がうかがえます
やっぱり地元のビールが一番。
すっきりしていて飲みやすいです
マカオ名物「エッグタルト」の有名店
どこにあるかはヒ・ミ・ツ
カスタードのとろけ具合が最高。
豪華さは外観だけではありません。
どこのホテルの敷地でしょう?まるでジャングル!
教会のステンドグラスはやはり素敵です。
朝食におかゆはいかが?
川の向こうはもう中国本土。
歩き回って疲れたらやっぱりこれですね
マカオは中国の特別行政区ですが中国本土とは全く違った雰囲気があります。
また、地図のような3つの地域からなります。大型ホテルやカジノとともに、西洋と東洋の文化遺産が数多く混在するマカオ半島。そのマカオ半島を3つの橋で結び、マカオ空港があるタイパ島。
そして南国のような自然が広がるコロアネ(コロアン)島です。最近ではマカオ半島の大型カジノホテルの建設ラッシュにより町は一変しました。さらにはタイパ島とコロアネ島を埋め立ててさらに大型のリゾート開発を進めています。この地区を「コタイ」とよび、ベネチアンホテルはその開発の中心的な存在です。1年もしないうちに、大型カジノホテルが立ち並び、マカオは「東洋のラスベガス」から「世界のマカオ」ヘと発展を遂げることは確実です。
世界遺産とエンターテイメントが一度に体験できるマカオへぜひ足を運んでみてください。
貴方の身に起こるサプライズは計り知れません。

 

札幌 神戸 福岡 沖縄 スカイマークで行く格安国内旅行 こちらから